有機店舗でロールパンを購入してみました。そのままでも凄くおいしい!

有機を専門に扱うクッキング屋さんと最近知り合いました。その店主が作ったオーガニックのパンを頂きました。少し小ぶりの丸っこいパンだ。食べるというずしり重い質量ですが、中頃は軽々しく、軽くなんとも言えない美味しさだ。

こちらは有機等はてんで細かくありません。ただ、単純に必ずうまいパンですなと思いました。複数購入して帰宅しました。

翌朝お子様にあげました。そうすると「旨いね、うまいね。」という喜んで食べていました。軽装断じてパンを好んで食べない乳児の素振りでしたのでマジ驚きました。先々1年齢の乳児も起きてきて二人でそのパンを食べていました。

1年齢の乳児は違いが分かっているのかどうかは定かではありませんが、ぱくぱく自分でパンを持って食べていました。娘も思える程の美味しさですなと実感しました。

普段はパンはとにかく焼いて、バターを乗せて食べている。但し、こういうパンは何もしなくても満足喜ばしいだ。食べた直感、くだもの等々が入っているわけでもないし、食い分生地のものでもありません。単純なロールパンだ。

あんなロールパンを焼きもせず、バターも付けず美味しく食べられる事項に一種の興奮を憶えました。これがオーガニックのなせる技術ならかなりの感動です。
又他の種目のパンを食べてみたいです。まんこの臭いを消す方法はコレだ