見物の家財道具をシンプルにするために、ウェアを最小限にやる代わりに裁縫機械を持ち歩く

旅行をシンプルに、そして簡単にするために、絶えず意識していることがあります。それは、荷物を最低限に抑えることです。豪華な旅行でなく、シンプルで身軽に旅行するためには、大きな荷物があるという動き辛く、乗り物を制限することにもなります。そのため、旅行の前に持参する荷物を吟味することは、旅行前にどうしてもしています。
荷物を軽くするに関して、金字塔考えるものは予め着物でしょう。インナーや靴下、着衣など、環境に合わせて着回せるようにするためには、ある程度の種目、数量が必要です。ただ、種目や数量が多くなればなるほど着物が盛り込みいけば、荷物を多くするだけです。
なのでぼくは、数量はどんな種目であれ、盛り沢山を決めています。靴下、インナー、シャツなど総合3枚を上限にしています。1枚を洗濯して、すでに1枚を使用して、残りの1枚を予備として考えれば、可能だろうと思ったのです。こういう盛り沢山を決めてからは、苦しむこともなく着物を吟味することさえシンプルにすることができたと思います。
ただ、着物を最小限に食い止める結果、弊害になることもあります。それは、もしも持参した着物が破けた形式だ。リンクが解けたり、靴下にトラップが開いたりすることがあります。ぼくは、実際の旅行中にも体験しました。
そんな状況も対処するために、誠に持参して助かったと思える雑貨がありました。それは、裁縫器具だ。がたいとしてはとても小さいものですが、リンクも置きられ、靴下のトラップも縫うことができる結果、どうしても重宝します。
このように、着物が最低限であったとしても裁縫器具さえあれば、旅行中にも対処できます。今後も、旅行に行く時は裁縫器具を忘れずに持っていきたいと思います。公式ホームページ