ロシアに来てから、ロシア国内で手に入るフードにあたって分かった訳

現在、ロシアに入国してから2ヶ月が経過しました。入国始めるまで、ロシアという世界にあたってざっと熟知のなかったわたしでしたが、今回の寝泊りを通じてだんだんと現在のロシアにおいて理解できるようになってきました。ただ、あくまでも個人的な暮しトライアルを通して納得ことですが、忘れないようにここでまとめておきたいと思います。
寝泊りしてみて気づいたことは、ロシアもお米が手に入ることです。アジアではお米が主食として食されていて、欧州ではパンやパスタが主食として食されている理解を持っていました。ロシアもパンやパスタを食べているから、ロシアに行けば飯はちょっと食べられなくなると思っていたのですが、意外にも多くの百貨店でお米が販売されていました。日本のお米は外観は違いますが、精米された状態で販売されていました。
他にも、食物にあたって気づいたことは、ソーセージの種類が全国よりも格段に多いことだ。百貨店で多くのソーセージを発見した時は、ドイツの百貨店に来たのかと思ったほどだ。細い手法あれば、厚くて短いものもあります。ロシアの仲間に聞くと、長年ダウンロードこなせるソーセージは、多くの家庭で重宝されている。
このように、ロシアで食されている品物、手に入る食物に関しては、寝泊りして何とか判ることがありました。LINE掲示板は危険!ライン掲示板で出会えないその理由とは?